弟子入りすることが一般的|ネイリスト求人で自分の限界に挑戦しよう!

ネイリスト求人で自分の限界に挑戦しよう!

女の人

弟子入りすることが一般的

作業者

職人の世界

大工の世界は求人雑誌などに掲載されることはほとんどありません。求人雑誌にも少なからず求人は掲載されますが、大工の場合、付随する事務作業スタッフであったり、見習いなどの雑務担当であることがほとんどです。大工の世界は今も昔も変わらず、技術者の世界です。そのため師匠のもとに弟子入りして大工の修業を積むことが一般的です。最近の若者の傾向からこのような技術職は敬遠される傾向にありますので実際に修業を求めてくる人は少なくなっています。しかし大工の需要も減少している今では、その数はちょうど見合っているという説もあります。大工の頂点は宮大工です。神社や仏閣の特殊建築を専門的に扱う職業です。もちろん求人雑誌には掲載されません。

専門学校もある

大工を目指す場合、長い修行が必要になります。5年や10年では一人前になれないのです。その期間ひたすら実務を経験しつつ少しずつ専門的なことができるようになることが必要になります。特に宮大工など頂点に位置する場合には、さらに数少ない受注件数を担当するなど経験する機会も他より少なくなっているため、チャンスを与えられるものはほんの一握りの世界なのです。中には専門的な技術を学校で勉強することもできます。専門学校では実際の建築を通じて修業を行います。しかし学校に通うのは数年になりますので、学ぶ内容は本当に基礎的なものです。道具の使い方や建築に関する基礎的な知識になるのです。しかしそれを知っていると経験しやすいメリットもあります。